ひとり言

サイトがおかしくなる原因

【注意】「おかしい」と言っても、笑えるわけではありません。

.htaccess(どっと えいち てぃー あくせす)は、ウェブサイトのアクセス制御を行うファイルです。

たまにこれでミスって、おもしろい・・・じゃなく、とんでもない事態になります。

500が出る。

画像が表示されない。

・・・などのときは、他にも可能性はありますが、.htaccessを疑ってください。

.htaccessで死亡する場合の主な原因

1)コメントの各行の先頭に半角シャープがない。
2)コメントがディレクティブとは別の行に書かれていない。
3)UTF-8で保存しているのに、BOMなしになっていない。
4)改行コードがCRになっている。

今日、うっかりやってしまったので、メモしておきます。

ひとり言

私のTwitterの統計を取ってみました。

まあ、こんなものでしょう。2015年頃から2017年の終わり頃まであまりつぶやいていませんね。

関連ページ:
TweetStats

ひとり言

やっと書き終わったと思ったら、これです。

なんかだんだん遅くなっているような気がします。

関連ページ:
カゴヤのWordPress専用サーバーとnginxとKUSANAGIは表示が遅い

追伸:
「クラウドサーバーは、低いスペックの環境であることが多い」という指摘があるのですが、こういうデータを見ていると、あながちでたらめでもないという気がします。レンタルサーバーを選ぶのなら、むしろクラウドでない方がいいかもしれません。

ひとり言

このブログのサーバーは、カゴヤのWordPress専用サーバーで、サーバーのOSはnginx。さらにWordPress超高速マシーンを謳うKUSANAGIまで搭載されています。まさに超絶高速サーバーですね。

でも、実態は、遅いです。今なんですが・・・。

カゴヤのWordPress専用サーバーとnginxとKUSANAGIは表示が遅いです。

もう一度、書いておきますが、表示が遅いです。

論より証拠。KUSANAGIは、管理画面にログインしていると、処理速度を表示しますので、速さも、遅さも一目瞭然です。

これは普通。これぐらい当たり前です。

なんか、突然遅くなりました。

こんなのはあり得ません。

もはや呆れるしか・・・。

つまり、見かけ倒しです。

関連ページ:
最後までいらっとするサーバー

ひとり言

ふとよく見たら、このブログのテーマが英語になっていました。これは以前経験した覚えがあったので、ちょっと調べました。うん。KUSANAGIの翻訳アクセラレーターが原因でしたね。

KUSANAGIというのは、WordPressを高速で表示するための仮想マシーンです。と言っても、意味不明ですが、WordPressを高速表示するためのチューニングをやってくれるソフトです。一種のプラグインみたいなものですね。

ブログのテーマを英語から日本語に変更するには、「翻訳アクセラレーター」のタブで、「サイトに表示される翻訳された文章」のところを「通常翻訳」に変えることで解決します。

私はやはり英語でいいかなということで、英語にしました。しかし、普通は日本語にした方がいいです。普通の人は英語は読めませんので・・・。

いろいろ考えたのですが、どうもこのKUSANAGIというのは、少しでもスピードを上げるために、翻訳もデフォルトでオフにしているのではないかという気がします。

しかし、高速化のためとはいえ、そこまでやるのですか。

関連ページ:
Luxeritasが英語表記になる原因

ひとり言

このたび、ひとり言を言い始めました。気にしなくていいです。ひとり言ですから。

Tweets

ソフィア外語学院のメインサイトの著作権表示の最初の年をドメイン取得年である2000年に変えました。2000年の時点ではほとんどの期間、Index of / しか表示されていなかったと思いますが、アクセスはできたはずです。(^ ^;…

https://twitter.com/i/web/status/1222073184209367043