Tweets

私がフォローしている人で、いつの間にかフォローを切った人がいたので、そのほとんど(100人ぐらい)のフォローを切って、整理しました。いつの間にかフォロワーが1000人を切りましたが、これも時代の流れかもしれません。ちなみに、私はフォロワーの数には全く関心がなくなりました。

ひとり言

このブログでは、Twitterのツイートをインポートして、ブログの記事にするということをやっています。やり方を知らない人のために書いておこうと思います。

Twitterのツイートをインポートしてブログの記事にするには、プラグインを使います。私が知る限り、そういうことのできるプラグインは二つあります。

Ozh' Tweet Archiver

一つは、かなり古いもので、「Ozh' Tweet Archiver」と言うプラグインです。このブログではこれを使っています。何と最終更新日が5年前になっています(笑)。でもちゃんと動作しますので、ご安心下さい。

有効インストール数が「100+」だそうです。つまり、ほとんど誰も使っていません。(^ ^;

私はデフォルトで使っていますが、その場合、記事のタイトルが、ツイートの全文になります。このプラグインを選んだのは、これが理由です。

ツイートを自動でダウンロードしてインポートし、自動で記事を作成するため、記事のタイトルも自動で作られます。すべて自動であるため、適切なタイトルをつけるのができません。だったら、いっそのこと全文をタイトルに入れてしまった方が検索される方のためになるだろうと考えました。

記事全文がタイトルになると、文字が大きいので、ツイートが読みやすいです。リンクは本文のところのリンクをクリックすればいいです。

このプラグインの問題点は二つあります。一つは、Twitter側でアプリの登録をしなくてはいけないことです。これがちょっとややこしいです。これを面倒だと思う人は、このプラグインはやめた方がいいです。

もう一つは、いつの間にか動作が止まっていることがあります。その際は、マニュアルでインポートすると、インポートされなかったものだけが、インポートされて記事になります。

DsgnWrks Twitter Importer

もう一つのプラグインは、比較的新しいです。最終更新日が7か月前だそうです。「DsgnWrks Twitter Importer」と言います。「Ozh' Tweet Archiver」との違いは、タイトルがツイートの最初の十数文字になることです。「Ozh' Tweet Archiver」と違い、全文がタイトルになるわけではありません。

あと、面倒なアプリ登録がありません。だから、アプリの登録が難しい方はこちらを選んだ方がいいと思います。

こちらの方が使っている人が多いようで、有効インストール数が200+になっています。たぶん、この違いは、アプリ登録の有無が原因だと思います。

アプリ登録が最近ややこしくなり、かなり手間がかかるようになったので、こちらのプラグインの方がいいかもしれません。ネックは、記事のタイトルが短すぎて、検索する場合に不便ということぐらいですね。

私は、最初はこれを試したのですが、前述のタイトルの問題があったので、やめて、「Ozh' Tweet Archiver」にしました。他にも、ハッシュタグのリンクの問題とか、リンクが短縮URLから正式なリンクに変えられていないなどの問題がありました。

短縮URLはサービスが廃止になると、使えませんので、正式なURLにしてくれないと困ります。アーカイブなのですから、未来永劫、文献として価値を保てる必要性があります。

その他のプラグイン

他には、「Tweet Collection」というのもありますが、プラグインを入れる前のツイートはインポートしないと言う説明があるので、除外しました。実際、有効インストール数は50+で一番少ないです。

無料ブログでもツイートのアーカイブは可能

なお、ツイートをアーカイブするだけなら、Seesaaなどの無料ブログでもできます。上記の二つのプラグインと違うのは、ツイートが日ごとにまとめられるということです。つまり、一日に10本のツイートをアップロードしている人は、一記事に10本のツイートが入ります。これでは、ちょっと検索に不便です。実際にこれでアーカイブすると、アクセスがほとんどありませんので、まさに無駄です。ただのバックアップとしての意味しかありません。

ツイートのアーカイブの必要性

ツイートのアーカイブは、内容の濃いツイートをされる方に特にお勧めです。せっかく内容のあるツイートをしているのに、流れて消えてしまうのは、もったいないです。まるで黒板に落書きしているのと同じですからね。落書き以上の読む価値のあるツイートはぜひアーカイブして、簡単に参照できるようにしておくべきだと思います。

また、Twitterでは、現在、3200個のツイートしか保存してくれません。つまりそれよりも以前にアップロードしたツイートは消えてしまい、どうがんばっても表示されません。ツイートが貴重な文献となるような濃厚な内容のものであれば、ブログのような半永久的に残せる場所にアーカイブしておく必要があると思います。

さらに言えば、Twitterと言えども、完璧ではありません。サーバーの障害などにより、いつデータが失われるかわかりません。確か、いつぞや、実際にツイートが消えてしまうという障害が発生したことがあったような気がします。また、自己管理下にありませんから、いつなんどき、アカウントが削除されるかもわからないという危険性もあります。完全に自己管理下にある自分のサイトにバックアップしておくのは、重要なことだと思います。

ツイート・アーカイブの問題点

単なるアーカイブだと、AdSenseの審査が通らないようです。なかなか重要性を理解してもらえないようですね。