ひとり言

このブログがAdSenseの審査に合格しました。2月からがんばっていたのですが、なかなか審査に通らなくて、最後は、3時間で不合格の通知が来るありさまでした。(^ ^;

たぶん、内容が主にTwitterのツイートのアーカイブになるため、重複コンテンツで、価値が低いと見なされたのでしょう。

それで、コメントをたくさん加えては、審査に出していました。しかし、だめでした。あまり何度も審査に落ちたので、3月には、次に審査を受けられるのは4月13日以降になるという通知までもらっていました。さすがにこれはだめだとあきらめていたところでした。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でAdSenseの審査が止まったと言う話を聞いたので、もしかしたら、今ならどさくさに紛れて通るかもしれないと思って、再度、4月16日の11:30頃、審査に出したところ、翌4月17日の朝8:50に合格の通知がきました。

AdSenseの審査、止まっていないではないですか?もしかしたら、新型コロナウイルスの影響で広告が激減したため、審査基準を甘くしたのかもしれません。少しでもサイト数を増やさないと、広告収入が激減してしまいますからね。

実際のところ、どうなのかわかりませんが、別のブログは半日で審査に通りました。

いずれにせよ、これで少しは、サーバー代金が出るかもしれません。アクセス数から考えると、まあ到底無理ですが・・・(笑)。

ひとり言

WordPressの無料テーマLuxeritasはかなり優秀なテーマです。このテーマの最大の特色は、高速で表示されることです。また、高機能と言う点も特色の一つだと思います。これほどいろいろな設定ができるなかなかテーマはありません。

高機能だと設定項目が多く、設定が難しいというのが難点です。まあ、そのまま使っても全然問題はないので、そのまま使いたい人は、そのまま使えばいいです。

今回は、私がLuxeritasで行っている設定とそのやり方を説明したいと思います。

バージョンは3.7.7です。これよりも古いバージョンだと、設定の仕方が違っていますので、ご注意下さい。また、今後のバージョンでは、また設定方法が違ってくる可能性があります。

1)セパレーターを選ぶ

Luxeritas>カスタマイズ>タイトル
Luxeritasでは、タイトル・セパレーターを選ぶことができます。パイプかハイフンのどちらかで選択可能です。個人的にはハイフンが見やすいため、ハイフンがお勧めです。

2)TwitterやFacebookで表示される画像の設定

Luxeritas>カスタマイズ>OGP
「デフォルト og:image の設定」で好みの画像を設定します。設定しないと、そこに表示されている猫ちゃんが表示されます。実際問題、本当に、これ、やめてほしいですよね。知らずにツイートを発信すると、猫ちゃんが出てしまうと言うのは、困りものです。自分の好きな画像を設定しましょう。ブログの記事でアイキャッチ画像を設定しない場合、この「デフォルト og:image の設定」の画像が表示されます。アイキャッチ画像が設定されていれば、そちらが表示されます。

もし知らずにツイートしてしまい、後から好みの画像に修正したい場合は、自分のTwitterアカウントにログインした上で、こちらのページの「Card URL」に記事のURLをタイプして、下の「Preview card」のボタンを押します。右側に正しい画像が出れば、成功です。うまく行かなかったら、再度やってみて下さい。うまく正しい画像が表示されれば、しばらくしてツイートの方も変わります。

なお、放置しておいても、いつかは正しい画像が表示されるようになりますので、別に急いでいなければ、放置しておいてもかまいません。

3)サイトアイコンの設定

外観>カスタマイズ>サイト情報/サイトアイコン
ここでちゃんと好みのサイトアイコンを登録しておかないと、例の猫ちゃんが表示されます。スマホで猫ちゃんが表示されて、消えなくなったという悲しい経験をしたことがあるので、自分のスマホで表示する前に、是非ここで自分のサイトアイコンをアップロードしておきましょう。なお、当たり前ですが、アップロードしたら、ちゃんと一番上の「公開」のボタンを押さないとだめです。

4)キャッチフレーズを消す場合に

外観>カスタマイズ>細部の見た目
サイトのキャッチフレーズを表示しない場合、「ヘッダーのキャッチフレーズ表示」のチェックを外します。これでキャッチフレーズのスペースが削除されます。まあ、これは忘れても、気にするほどのことでもありません。

5)サイドバーの確認

外観>ウイジェット
パソコンで閲覧した場合に、サイドバーが横ではなく、下に来てしまっていることがあります。原因は不明です。恐らく、テーマを変更した場合に発生するのではないかと思いますが、よくわかりません。

これは、サイドバーのウイジェットが、全部、「フッター左(タイトルH4)」に入っていることによります。直すには、そこに入っているウイジェットを「汎用サイドバー(タイトルH3タイプ)」または「汎用サイドバー(タイトルH4タイプ)」に持って行けばいいです。ドラッグ&ドロップで引っ張っていくか、右上の「表示オプション」をクリックして、「アクセシビリティーモード」を有効にして、持って行きたいところのラジオボタン(○のこと)をクリックして、下の「ウイジェットを保存」のボタンをクリックすれば、移動できます。

この問題も何とかしてほしいものです。過去に2~3回、これで悩まされたことがあります。

以上です。

過去のバージョンでは、サイドバーの禁則処理に問題がありましたが、知らない間に直っていました。後は、citeタグとかblockquoteタグのfont-styleを日本語の仕様(normal)に合わせることぐらいでしょう。

注意事項

サイドバーを見ると、「Recent Posts」など英語になっていますが、これは、使っているKAGOYAのWordPress専用サーバーの仕様によるものです。具体的には、KUSANAGIの設定の「翻訳アクセラレーター」のところで、「サイトに表示される翻訳された文章」が「翻訳を停止」に設定されているからです。「通常翻訳」に設定すれば、直ります。

あくまでもKUSANAGIを使っているサーバーで起こる現象ですので、一般のサーバーでは関係ありません。

それにしても、こういうのは、本当にやめてほしいですね。

Tweets

愛知県も緊急事態宣言が発令されましたが、ソフィア外語学院は、1教室、生徒1名というシステムなので、人と人との接触がほとんどなく、新型コロナウイルスの感染拡大が起きるとは到底考えられないため、通常通り授業を行っています。また、春期集中授業も5月6日まで延長して行っています。